消費増税 97年の教訓 揺れる通貨外交 目配りを
本社コメンテーター 上杉素直

上杉 素直
本社コメンテーター
2019/1/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相が宰相の座に返り咲いた2012年12月に始まった日本の景気回復局面は今月、いよいよ戦後最長を更新すると期待されている。平成最後の初売りのにぎわいが、記録の更新を決定づけることになりそうだ。

戦後最長に届く景気回復は安倍政権の経済運営アベノミクスの大きな成果と語り継がれるだろう。だがその裏で、先進国で最悪の日本の財政を立て直す取り組みは後回しにされてきた。既定路線だった消費税率10%へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連キーワード

電子版トップ



[PR]