/

この記事は会員限定です

音楽は「聴く」から「歌う」「踊る」「作る」へ

平成の30年 文化は世につれ(5)

[有料会員限定]

レコード大賞、紅白歌合戦、忘年会。年末は流行歌にふれる機会が増える。誰もが口ずさめるヒット曲が年を追い減ったのが平成だ。好みの多様化だけではない。デジタル技術の台頭や若者の価値観の変化で音楽の作られ方、伝わり方は様変わりした。「ひとり味わう対象」から「仲間と楽しむ手段」へ。立ち位置を変える音楽の軌跡を追う。

2012年(平成24年)8月27日夜。ドン・キホーテ秋葉原店(東京・千代田)の周りを大勢の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4001文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン