/

この記事は会員限定です

「地ウイスキー」新蒸留所続々 原酒不足を商機に

[有料会員限定]

国産ウイスキーの裾野が広がってきた。中小酒造会社が相次いで地域の強みを生かした蒸留所を稼働させる。ハイボールブームを受けた大手の原酒不足を商機と捉えたもので、「地ビール」に続き「地ウイスキー」が一つの市場に育つ可能性が出てきた。熟成には3年以上かけることが多いだけにウイスキー人気が変調するリスクも覚悟しての参入になる。

新潟市の農業地帯に来春、ウイスキーの新たな蒸留所が完成する。手がけるのは「ニイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン