/

この記事は会員限定です

りんな開発者「AIは人と機械の間にある存在」

新幸福論 Tech2050

[有料会員限定]

人工知能(AI)を活用したチャットボット(自動会話プログラム)の「りんな」は、特定のタスクを実行するAIとは異なり前後の文脈を読み取り、文章を生成できる機能を持つ。AIが人間の感情に「共感」するとはどういうことなのか、将来的にAIは人間にとってどんな存在になり得るのか。りんな開発者である日本マイクロソフトの坪井一菜氏に聞いた。

――2015年にりんなは登場しましたが、どのように進化してきましたか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン