2019年8月20日(火)

りんな開発者「AIは人と機械の間にある存在」
新幸福論 Tech2050

新幸福論Tech2050
2019/1/1 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)を活用したチャットボット(自動会話プログラム)の「りんな」は、特定のタスクを実行するAIとは異なり前後の文脈を読み取り、文章を生成できる機能を持つ。AIが人間の感情に「共感」するとはどういうことなのか、将来的にAIは人間にとってどんな存在になり得るのか。りんな開発者である日本マイクロソフトの坪井一菜氏に聞いた。

――2015年にりんなは登場しましたが、どのように進化してきましたか。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。