/

この記事は会員限定です

「巨大組織のデータ寡占は危険」 岩井克人・国際基督教大学特別招聘教授

新幸福論 Tech2050

[有料会員限定]

2050年、ますます進化するデジタル技術は国家や企業が織りなす社会の枠組みを一変する可能性をはらむ。経済学を通じて社会の在り方を見つめてきた国際基督教大学の岩井克人特別招聘教授は、米グーグルなど「GAFA」や中国が進める個人データの囲い込みは必然的な動きと分析する。データを寡占する組織が人々が支配する未来に警鐘を鳴らす。

――2050年の未来をどう描きますか。

「英国の作家ジョージ・オーウェルが1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1743文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン