/

この記事は会員限定です

韓国の車載向け電池、中国以外も開拓

SKが米欧に新工場 LGは南京から輸出

[有料会員限定]

韓国の車載向けリチウムイオン電池メーカーが「中国+1」の市場開拓に走り出した。新興勢力のSKイノベーションは2022年までに米欧などで新工場を稼働。世界4位のLG化学は19年秋に中国で稼働させる工場で輸出に注力する。中国は車載向け電池の需要が世界最大だが、政府の規制や地場大手との競争が厳しい。電気自動車(EV)の成長が見込める欧州なども開拓し、シェア拡大を狙う。

「新工場に16億ドル(約1800億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン