2019年2月21日(木)

荒れる新興国 「トルコショック」世界に飛び火
転換点の2018年(5)

中東・アフリカ
北米
中南米
2018/12/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)が4度の利上げを実施した2018年。米ドル相場の上昇で、外貨建て債務や経常赤字を抱える新興国は金融市場の標的となり、トルコやアルゼンチンが深刻な通貨安に見舞われた。FRBの利上げ継続の判断に個別の政治リスクも絡んで、19年の新興国市場も予断を許さない展開が続きそうだ。

「トルコとの関係は現在よくない!」。8月10日、中東の地域大国トルコはトランプ米大統領の指先が繰り出す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報