/

この記事は会員限定です

歴史問題 遠のく「ゴール」 慰安婦合意(平成27年)

平成Politcs30

[有料会員限定]

2015年12月28日、日韓両政府は旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する合意を結んだ。「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」。岸田文雄外相と韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相はソウルで会談した後の共同記者発表で、同じ言葉を使った。

「最終的かつ不可逆的」な解決は安倍晋三首相がこだわったキーワード。韓国は歴史問題で日本と合意しても、世論の反発を受けて一方的に合意を覆して「ゴールポスト」を動かす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン