/

この記事は会員限定です

埼玉・東松山市など設立ファンド、「サラ」に出資

[有料会員限定]

埼玉県東松山市や埼玉りそな銀行などが設立した「東松山起業家サポートファンド」は、グルメアプリ運営のスタートアップ、SARAH(サラ、東京・台東)に2000万円出資した。飲食店のメニュー単位で投稿・検索できるアプリの成長が見込めると判断。データ販売などの収益化を支援し、将来の税収増や地域振興につながる企業の成長を後押しする。

サラが11月末に実施した第三者割当増資を引き受けた。同ファンドは市内に本拠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン