/

この記事は会員限定です

ILC誘致の岩手・宮城、実現へ政府に働きかけ強化

[有料会員限定]

宇宙誕生の謎を探る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を国内に誘致する計画について、日本学術会議が「誘致を支持するには至らない」とする意見をまとめ、文部科学省に提出した。実現には厳しい回答だが、建設候補地の岩手県などは政府の前向きな判断を求めてさらなる働きかけを進めていく構えだ。2019年1、2月が正念場になる。

ILCは地下100メートルに全長20キロのトンネルを設け、電子と陽電子を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン