/

この記事は会員限定です

妻の「仕事デー」夫がつくろう 家事・育児担う

大嶋寧子・リクルートワークス研究所主任研究員に聞く

[有料会員限定]

今年4月に働き方改革関連法が本格施行となる。残業時間に上限を課すなど戦後初の抜本改革といわれている。働き方改革時代にふさわしい夫婦の役割分担について、リクルートワークス研究所の大嶋寧子主任研究員に聞いた。

残業が減る分、時間の有効活用を

――いよいよ働き方改革法が始まる。

「お金を稼いだり、家事や育児をしたりといった家庭内の夫婦の役割は、その時代の働き方と密接に関係している」

「関連法で特に影響が大きいのは、残業時間の上限規制が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1644文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン