/

この記事は会員限定です

2019年は5G元年 車や医療のインフラに

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

2019年は次世代通信規格「5G」が本格的に商用化する年になる。米国や韓国では大手事業者が軒並み商用化をスタートするほか、日本でも19年半ばにプレサービスが始まる見込みだ。単なる携帯電話サービスの進化にとどまらず、自動運転や遠隔医療など社会インフラとしての役割が一層強くなり、様々な業界にビジネスモデルの変化をもたらす。一方で過熱する米中摩擦が5Gの行く末に影を落とす。

米では昨年末にサービス開始

18年12月21日、米国の大手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2189文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン