/

皇室どう変わる? ポイント整理

秋の園遊会に臨む天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻(東京・元赤坂)

4月30日、天皇陛下の退位に伴い30年続いた「平成」は幕を閉じる。2020年春まで続く代替わり行事や儀式はどんなものか、皇室を取り巻く環境はどう変わるのか。疑問点をまとめた。

陛下、なぜ退位?

皇室典範は、天皇の終身在位を原則とし、退位による皇位継承を規定していない。

象徴としてのお務めについてのお気持ちを表明される天皇陛下(2016年8月7日、皇居・御所)

天皇陛下は2016年8月、国民に向けたビデオメッセージで「次第に進む身体の衰えを考慮する時、全身全霊で象徴の務めを果たしていくことが難しくなるのではないかと案じている」と退位の意向を示唆された。

各種世論調査で、退位を支持する意見が多く、国は陛下一代に限り退位を認める特例法を制定。4月30日、江戸時代の光格天皇以来、約200年ぶりとなる天皇の退位が実現することになった。

両陛下、退位後の呼称は?

天皇陛下の退位を実現する特例法は、退位後の天皇、皇后両陛下の呼称を「上皇」「上皇后」と規定。敬称をこれまでと同様に「陛下」とし、皇族の地位にとどまる。象徴として行ってきた公務からは退かれ、再び即位することはできない。

皇位継承資格者は皇太子さまと5歳差の弟の秋篠宮さま(53)、秋篠宮家の長男、悠仁さま(12)、陛下の弟の常陸宮さま(83)の3人。現状のままでは、将来にわたる安定的な皇位継承は難しい。

また、女性皇族の結婚による皇籍離脱で皇族の数が減れば、皇室が担っている公務の見直しを迫られる可能性もある。

退位後の活動は?

天皇陛下の退位により、近代以降で初めて新旧の天皇が併存することになる。このため退位を巡る議論では、天皇と上皇の間で象徴の権威が分裂する「二重権威」を懸念する意見も出た。

上皇、上皇后の生活費や警備などの待遇はそのまま維持されるものの、活動内容は大きく変わる。陛下は象徴として担ってきた全ての公務を皇太子さまに譲り、即位関連の儀式にも出席されない。宮内庁は「ご活動は全て私的なものとなり、二重権威の問題は起きない」と説明している。

秋篠宮さまの地位は?

皇嗣となる秋篠宮さまは大嘗祭の在り方にも発言された(2018年11月、53歳の誕生日の記者会見)

皇太子さまの即位により、天皇の直系男子が就く「皇太子」の地位は空位となる。皇位継承順位1位となる弟の秋篠宮さまは「皇嗣(こうし)」と呼ばれ、自身の立場を内外に示す「立皇嗣の礼」が2020年4月に行われる。待遇は皇太子並みになる。

皇嗣となる秋篠宮さまは皇太子さまが出席してこられた行事や式典などの公務を引き継がれる。大幅な負担増となるため、退位特例法に基づいて従来の3倍の「皇族費」(日常の生活費など私的な資金)が支給されることが決まっている。

大嘗祭、どんな行事?

公開された大嘗宮(1990年11月、皇居)

大嘗祭(だいじょうさい)は新天皇の即位時に行われ、古代から続く一世に一度の皇室行事。今回は11月14~15日に挙行され、天皇が国民の安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る。巨費を投じて造営される大嘗宮は儀式終了後、取り壊される。政教分離の観点からも公費を充てることには批判がある。

儀式は皇居で毎年営まれている新嘗祭と同様だが、大嘗祭では皇居・東御苑に「悠紀殿(ゆきでん)」「主基殿(すきでん)」という殿舎が造営され、執り行われる。

両陛下のお住まいは?

皇太子さまは即位後、ご一家とともに現在の天皇、皇后両陛下の住まいである皇居・御所に移られる。上皇、上皇后となる両陛下は、皇太子ご一家が住む東宮御所(東京・元赤坂)を「仙洞御所」として住まわれる。

両御所ともに引っ越し前には改修が必要。まずは両陛下が退位後に御所から高輪皇族邸(旧高松宮邸、東京・港)に移り、東宮御所の改修が完了するまでの間、仮住まいされる。仮住まいの期間は最長1年半で、2020年中にも引っ越しが完了する見通しだ。

即位の儀式の規模は?

平成の即位礼での天皇陛下と高御座(1990年11月12日、皇居・宮殿)

10月22日の「即位礼正殿の儀」では、新天皇に即位した皇太子さまが伝統装束を身にまとい、皇居・宮殿に運び込まれた「高御座(たかみくら)」に立って即位を宣明される。国事行為として執り行われ、各国の王族や元首級の海外賓客をはじめ、国内外から約2500人が招かれる。

即位関連の儀式は5月1日以降、新天皇が歴代天皇に伝わる神器などを引き継ぐ「剣璽等承継の儀」や、三権の長ら国民の代表の前でお言葉を述べる「即位後朝見の儀」などがあり、2020年4月の「立皇嗣の礼」まで続く。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン