/

この記事は会員限定です

空き家借り上げ舞い込む 割り切った改修で価値再生

売れる住宅改修(下)

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア

築30年以上の空き家を所有者から借り受け、部屋をカスタマイズしたい住まい手の嗜好に合わせて割り切った改修を実施。「改装可」で転貸する。事業者が初期投資や空室のリスクを負うことで新たな市場を開拓した。

「負動産」化した空き家、借り上げて転貸

リノベーションを中心に手掛ける施工会社のルーヴィス(横浜市)には、空き家所有者から年間80件以上の問い合わせが舞い込む。目当ては「カリアゲ」というサービスだ。

このサービスは対象を「築30年以上、空き家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1742文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン