2019年5月24日(金)

マツダの世界生産3%減 11月、中国など海外が減少

2018/12/27 14:09
保存
共有
印刷
その他

マツダの11月の世界生産は15万957台で前年同月と比べ3%減少した。前年割れは2カ月ぶり。国内生産は前年を上回ったが、中国の2工場での減産など海外生産の落ち込みが響いた。

国内生産は2%増の9万5217台だった。本社工場(広島市)が減少したが、防府工場(山口県防府市)で多目的スポーツ車(SUV)「CX-3」や「CX-5」の生産台数が増加したほか、商品改良したアテンザの生産台数も伸びた。

海外生産は11%減の5万5740台だった。タイやメキシコの両工場の生産は前年を上回った。中国では長春工場で13%減、南京工場で33%の減少だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報