/

この記事は会員限定です

北神急行、神戸市営に 運賃値下げで北部再生 阪急と協議

[有料会員限定]

神戸市は、都市部の新神戸と北部の山麓・谷上を結ぶ北神急行電鉄(神戸市)の市営化に向け、筆頭株主である阪急阪神ホールディングス(HD)傘下の阪急電鉄と事業譲渡の協議を近く始める。現在の高額な初乗り運賃を引き下げ、都市部に近い利点を生かして人口減が進む北部の再生につなげる。早ければ2020年初頭の実現をめざす。

神戸市が市営化に向けて提案し、阪急電鉄が協議に応じるとした合意を27日午後に発表する。市営化の具体的な方法について...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン