/

この記事は会員限定です

時限立法に限界、安保法へ テロ特措法成立(平成13年)

平成Politics30

[有料会員限定]

2001年10月29日。米軍などへの後方支援を可能にしたテロ対策特別措置法が参院本会議で可決、成立した。

この年の9月11日に発生した米同時テロの直後、小泉純一郎首相は米国が掲げた「対テロ戦争」への支持をいち早く表明し、驚異的なスピードで法整備をなし遂げた。当時、防衛庁長官だった中谷元氏は「日本の防衛政策にとって、テロ特措法は大きな転換点となった」と振り返る。

テロ特措法は目的と期限を決めた時限立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1009文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン