/

ラグビー日本、スクラム成長に細部へのこだわり

2019年のワールドカップ(W杯)に向け、ラグビー日本代表の成長が明らかなプレーがスクラムである。選手一人ひとりは小さく、力でも劣るが、日本式の細部にこだわる組み方で堅固な土台を築き上げている。自分たちのボールを確保してスムーズな攻撃につなげるだけでなく、さらにその先も見えてきた。

今秋のテストマッチ3試合。日本はマイボールのスクラムを計21度組んだ。そのうち20度でボールの確保に成功。相手から奪った反則も、自分たちが犯した数より多かった。3試合の相手がW杯2連覇中のニュージーランド(NZ)、世界ランキング4位のイングランド、大型FWのロシアだったから、なおさら値打ちは上がる。

日本式の細部にこだわるスクラムの組み方で堅固な土台を築き上げている=共同

第3戦のロシア戦。圧勝を期した日本だったが、リードを許す想定外の展開が続いていた。3点差の後半24分、自陣で相手ボールのスクラムを迎えた。さらなる失点は許されないシーン。組み合った瞬間、日本は右プロップの具智元の側からぐいと前に出た。対面の選手がたまらず頭を外す。主審はロシアが故意にスクラムを崩したと判断、笛を吹いた。

日本は相手のチャンスを潰したうえで、キックで敵陣に入って攻撃することができた。それ以降は失点せず、逆転勝利に成功している。

勝因は戦前の準備に

攻勢を決定づけたビッグプレーについて、左プロップの稲垣啓太は「単純に押しただけ」。長谷川慎スクラムコーチも「(それまでとの違いは)押しにいったか、いかなかったかだけ」と声をそろえる。つまり、押せば反則を奪える状態をつくった、戦前の準備に勝因がある。

長谷川コーチがロシア戦に向けて作成した、選手への説明資料は約50ページに及ぶ。相手一人ひとりのスクラムの特長も詳しく分析する中、要注意人物に挙げたのが左プロップのモロゾフ。190センチ、118キロの巨漢の武器が変則的なフォームだった。

モロゾフは組み合う前に体をやや外側にずらすことで、対面の選手の体を横から崩し、力の出しにくい姿勢にする。呼応して自軍の逆サイドのプロップが後退。相手のFW第1列の体の間に隙間をつくり、スクラムの崩壊に持ち込むという狙いだった。

日本はモロゾフの対面に入る右プロップ具智元が孤立しないよう、対策を取った。中央のフッカー坂手淳史と左プロップ稲垣が、具に寄り添うような形でサポート。さらに、8人が組むときのスピードを速めることで、モロゾフが横から攻撃する時間的な余裕を奪った。

分岐点となったこのスクラムでも具は強い姿勢を保てた。逆にロシアのスクラムは選手間の結束が弱まり、崩壊につながった。

モロゾフは直後に交代。残り4度のスクラムは日本が圧倒した。「ロシアとは(積み重ねてきた)ディテールが違うから全く怖くなかった。モロゾフがいなくなった後は押しまくることができた」と長谷川コーチ。W杯の開幕戦でも戦う相手に心理的な重圧を与えられた。

試合前にはコーチ陣だけでなく、選手もモロゾフらの映像を見て組み方を分析していた。試合に出ないメンバーは、スクラム練習で相手の各選手の特長をまねて組んだ。チーム一丸でのスクラムの勝利。稲垣は「このレベルの相手なら、狙ってペナルティーを取れるチームに成長した」と胸を張る。

1週間前のイングランド戦でも日本の周到な用意は奏功した。坂手が言う。「欧州のチームは重い。ヒット(組み合う瞬間)で速く当たり、そこから重さを生かして(前に体が)伸びてくるスクラムを組む。だから自分たちが先に当たり、相手に伸びさせないことを意識した」。イングランドが体を伸ばせば、必然的に日本の姿勢は窮屈になる。そうさせないため、速く当たる。

ニュージーランドとのテストマッチでは、スクラムでマイボールを1度しか失わなかった

速いスクラムを可能にする細かい技術が、今の日本にはある。組む前から8人全員が足の位置を固定。靴底の突起の前4本を芝に刺すというこだわりは、ほんの一例。100個近いチーム内の専門用語やチェックポイントをもとに、精密機械をつくるようにスクラムを組む。

個々の選手への対策も

ロシア戦と同様、個々の選手への対策も十分だった。先発の左プロップ、ヘップバーンには致命的な弱点があるとわかっていた。組む直前、対面に腕で体重をかけられると足を後ろにずらし、重心を下げる。日本の右プロップ具はその隙に体を伸ばして前進。終始、優勢に組めた。

後半、ヘップバーンに代わって登場したムーンには同じ欠点がないとわかっていた。体重をかけられても重心が後退しない。しかし、具と交代で入ったバル・アサエリ愛はしっかり前に出てからヒットする練習していたため、ムーンに押されず、最後まで主導権を持てた。

「日本代表が外国のチームと組むときに100対100でやったらきついけれど、相手の力を70にする組み方をすればイングランドともやれる」と長谷川コーチ。狙い通りのスクラムを敵地の8万人の観客の前で実現することになった。

イングランドを上回る組織的なスクラムを持つのが、11月3日に戦ったNZだった。組む前の体勢を取るスピードが速く、8人のヒットやプッシュのタイミングが統一されている。「日本に似ているから、ディテールでは負けたくなかった」と長谷川コーチは言う。

意識したのはFW第1列がヒットで前進した後、後ろの5人が足を素早く前に運び、強い姿勢に戻ること。後方の選手が遅れると前の3人の体が伸び、力を出せなくなる。スクラム練習の相手を通常の8人から10人に増やし、NZの重さを体感する工夫などを積み重ね、世界最強クラスの相手にマイボールを1度しか失わなかった。

ただ、相手ボールのスクラムでは故意に崩したという反則も取られた。「相手のプロップが頭を下げ、こちらの足元に落ちるように組んできた。日本が引き落としたと判断されてしまった」と長谷川コーチは説明する。

本来は相手の反則になる行為だが、ここに日本の課題がある。「僕は現役時代に(グレーゾーンのプレーを考える)悪い選手だったので、(日本のFWは)みんな真面目やなとは思う」と長谷川コーチ。

テストマッチはきれい事だけではすまない。審判の目やカメラの届かぬところでは、相手を出し抜くためのダーティーなプレーもある。スクラムのように審判でも判断に悩む場面はなおさらだ。虚々実々の駆け引きが日本は得意ではないが、その極限の舞台といえるのがW杯。フェアプレーは大事だが、相手の策略にはまらぬためのたくましさは求められる。

イングランド戦ではこんなシーンもあった。ヘップバーンがムーアに交代した後、最初のスクラム。具は組む前に圧力を受け、やや縮こまった姿勢になった。スクラムは崩れ、日本の反則と判定された。「ムーアの特長はわかっていたけれど、(選手の)代わり際にやられた」と長谷川コーチ。相手の変化への適応が不十分だった。

前半の判定基準なら、イングランドの反則になるプレーでもあった。試合中に激変した主審の笛に対しても、対応が遅れた。

基礎編から応用編へ

課題克服への取り組みは始まっている。スクラム練習中、主審役になる長谷川コーチが突然、判定基準を変える。練習相手となっているメンバーが急に違う形で組む……。基礎ができてきたからこそ挑戦できる応用編。「オールラウンドにアジャストできるように練習している。今はそういう段階に進めている」と長谷川コーチは強調する。

イングランド戦前半のマイボールスクラムから押し込んだ後、出てきたボールを中村(手前左)がトライに持ち込んだ=共同

ちょっとぜいたくな悩みも出てきた。3戦を振り返り、「ここまで(日本の狙いが)はまったなら、もうちょっとできたかなと思う」。スクラムの全体的な優勢の割には、相手の反則を誘ったり、トライまで持ち込んだりする場面は少なかった。

イングランド戦の前半、相手ゴール前でマイボールのスクラムがあった。ヒットで押し込んだ後、出てきたボールをCTB中村亮土がランでトライに持ち込んだ。スクラムの一押しで、相手の防御ラインの出足を止めておいたことが効いた。

実は、想定していたシナリオではなかった。狙っていたのはスクラムを押し込み、そのままトライを奪う形。バックスに展開したのは、ボールがこぼれ出たがゆえの次善の策だった。ヒットで前に出られていたことを考えると、そのまま組み続ければどうなっていたか。

海外勢のスクラムはとかくしぶとい。「日本人なら崩れる場面でも、彼らは大きな体と、体幹の力で維持できる」と長谷川コーチは指摘する。

相手をよろめかせた後、どうやって仕留めるのか。日本代表が長期合宿を張る19年は、過去よりもスクラム練習に時間を割ける。もう一段、切れ味に磨きをかけられれば、日本は強力な武器を携えてW杯に臨むことになる。

(谷口誠)

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン