厳戒態勢の中、6例目 豚コレラ県境越え懸念も

2018/12/27 9:39
保存
共有
印刷
その他

岐阜県で発生した豚コレラは県内有数の大規模養豚場に広がった。岐阜市の養豚場で9月に判明して以降、同市畜産センター公園や県畜産研究所(美濃加茂市)など飼育頭数の少ない主に行政施設で相次ぎ、厳戒態勢の中での6例目。対策に手詰まり感も出る中、感染した野生イノシシは隣の愛知県でも見つかり、県境を越えた拡大の懸念も出てきた。

岐阜県は岐阜市の養豚場の異変を当初、熱射病と診断した。その後、県や市の施設での発…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]