カリブ海・ネビス外相、台湾との外交関係「捨てず」

2018/12/27 8:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カリブ海の島国セントクリストファー・ネビスのマーク・ブラントリー外務・航空相は、中国が「国」と認めない台湾との間で保っている外交関係について「長く友好的な関係だ。捨てるつもりはない」と述べた。保健衛生や教育で台湾の支援を受けており「恩恵がある」と強調した。都内で日本経済新聞の取材に応じた。

台湾と外交関係を結んでいるために国交を持たない中国については「重要な国だ。ホテルや観光分野での投資は歓迎し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]