/

この記事は会員限定です

陸上養殖の魚、出番到来 水産大手が出荷へ

[有料会員限定]

国内の水産ビジネスが「海から陸」への転換点を迎えている。マルハニチロ日本水産など水産大手が陸上で養殖したサーモンなどの出荷を始め、商社も続く。環境保護意識の高まりを受け、世界の養殖量は漁獲量を上回るが、日本ではまだ少ない。コストをIT(情報技術)などで一層抑えられれば、インフラとして輸出できる可能性もある。

マルハニチロは山形県遊佐町に陸上養殖場を持つ。大型の水槽でサーモンの一種、サクラマスの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン