2019年2月22日(金)

市場、デフォルト増警戒
質低い融資・社債膨らむ

2018/12/26 21:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「政策金利の引き上げが債務不履行(デフォルト)多発の引き金になりかねない」との警戒感も投資家には強い。過去の低金利局面で財務的に弱い企業の債務が膨張し、資金を貸し借りする信用市場で脆弱性が高まっているためだ。

「レバレッジド・ローン」の膨張が典型例だ。多額の債務を抱えて返済能力が限られ、格付けが低い企業への融資のことだ。調査会社ディールロジックによると、世界全体での新規融資額は17年に2兆300…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報