/

この記事は会員限定です

コマツがいらだつ株価半値の理由

証券部 太田明広

[有料会員限定]

コマツの経営陣が自社の株価下落にいらだちを強めている。株式市場では「中国関連株」の代表格とされるが、彼らはこれが気に入らない。売上高に占める中国の比率は徐々に下がり、今や1ケタになっているためだ。そもそも、中国の建機需要は今後も好調が見込まれ、株価は過剰反応だという。26日こそ反発したが、株価は1月に付けた上場来高値(4475円)の半値程度に下落した。投資家との間の溝は簡単には埋まりそうにない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1331文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません