2019年1月23日(水)

22年前の夫殺害、懲役5年 79歳女に名古屋地裁

中部
社会
2018/12/26 21:01
保存
共有
印刷
その他

1996年に愛知県豊川市の自宅で夫(当時59)を刺殺したとして殺人罪に問われた無職、小池浅江被告(79)の裁判員裁判の判決で、名古屋地裁(田辺三保子裁判長)は26日、懲役5年(求刑同8年)を言い渡した。

田辺裁判長は判決理由で「ほぼ無抵抗の夫を多数回突き刺した残忍な犯行だ」と指摘。その上で、夫から暴力や暴言を受けて突発的に犯行に及んだことを挙げ、「動機には酌むべき点が多い」と述べた。

判決によると、小池被告は96年3月20日ごろ、当時住んでいた豊川市の自宅で、夫の尭さんの頭や首を刃物で複数回突き刺すなどして殺害した。

小池被告は2017年1月、「夫の遺体が家の中にある」と県警豊川署に通報し、自首した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報