/

愛知県で豚コレラ2頭目 犬山市で発見の野生イノシシ

愛知県は26日、同県犬山市の山中で見つかった野生のイノシシ1頭の死骸が豚コレラに感染していたと発表した。岐阜県で9月に発生して以降、愛知県で感染が確認されたのは2頭目。発見場所から半径10キロ圏内に豚の飼育施設はないという。

県によると、発見されたのは岐阜県境から南に約500メートルの山中。24日に通りかかった人が死んでいるのを見つけて犬山市に連絡、県の遺伝子検査の結果、26日に陽性と判明した。

愛知県内では22日、犬山市で捕獲された野生イノシシの感染が初めて確認された。これを受け県は26日、名古屋市守山区と瀬戸市でイノシシなどの狩猟を2019年1月6日から禁止すると発表した。すでに犬山、小牧、春日井の各市では狩猟を禁止している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン