2019年7月22日(月)

イチゴ×紅茶のサイダー開発、ウィンウィンが出資募る

2018/12/26 22:30
保存
共有
印刷
その他

飲料コンサルティングのウィンウィン(宇都宮市)は栃木県産のイチゴに紅茶を組み合わせたサイダーを開発する。「スパークリングベリーティー」の商品名で1月下旬の製造開始を目指す。インターネットで小口資金を募るクラウドファンディング(CF)での事業資金の調達を始めた。

「スパークリングベリーティー」のラベル

同社は飲料自販機の設置が主な業務だが、自社商品も開発・販売している。これまでに栃木県那須烏山市で生産される茶葉を使った紅茶や、県産イチゴの果汁を使ったサイダーを開発した。

今回は双方を生かしたサイダーを開発して商品の幅を広げる。CFは栃木銀行が紹介し、目標額は50万円。まず出資者に商品を送り、意見を聞いた上で完成を目指す。笠井隆行社長は「栃木のイチゴは加工では出遅れている面がある。栃木のブランドを発信したい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。