/

この記事は会員限定です

繁殖牛管理にICT、福島県が畜産業再生へ飯舘で実験

[有料会員限定]

福島県は東京電力福島第1原子力発電所の事故で被害を受けた阿武隈高地の畜産業再生に向け、ICT(情報通信技術)機器を活用した繁殖牛の個体一元管理システムを開発した。11月から飯舘村で始めた実証事業では各種カメラなどを駆使し、繁殖牛を中心に盛んだった畜産業の復活を目指す。先端技術を活用した繁殖農場経営のモデル構築を目指す。

「データが蓄積されることは、地域の畜産業の財産になり、後継育成にもつながる」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン