安倍政権7年目に 改憲・北方領土、レガシーに狙い 「佐藤になってはいけない」

2018/12/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第2次安倍政権の発足から26日で6年となり異例の長期政権は7年目に入った。安倍晋三首相が政権のレガシー(政治的功績)に狙うのは任期中の憲法改正と北方領土問題の解決だ。これまで政権を支えてきたのは回復基調にある経済だ。世界景気は不透明さを増しており、2019年10月の消費増税後も経済運営の展望を示せるかがレガシーの実現を左右する。

首相の自民党総裁としての任期は21年9月まで。このまま続けば19年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]