/

この記事は会員限定です

拉致の「8人死亡」に衝撃 小泉首相訪朝(平成14年)

平成Politcs30

[有料会員限定]

2002年9月17日、小泉純一郎首相は日本の首相として初めて北朝鮮を訪れた。平壌の百花園迎賓館のロビーに現れた金正日(キム・ジョンイル)総書記は笑顔を浮かべ、右手を差し出した。その手を握る小泉首相の表情は硬かった。日本での打ち合わせで、安倍晋三官房副長官らから「決して笑わないでください」と助言されていた。

直前に外務省の田中均アジア大洋州局長を通じて北朝鮮から拉致被害者について「8人死亡、5人生存...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン