釧路の火力発電、稼働を20年11月に延期

2018/12/26 22:00
保存
共有
印刷
その他

釧路火力発電所(北海道釧路市)は26日、釧路市内で建設している火力発電所の稼働を延期すると発表した。当初は2019年12月の稼働を予定していたが、20年11月にずれ込む。寒冷地の事情を踏まえ、想定していた資材運搬の時期や工事の作業工程を見直して、延期を決めた。新火力発電所は17年12月に着工。石炭や木質バイオマスを燃料にして、出力は11万2000キロワット。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]