/

この記事は会員限定です

VRで歌舞伎身近に 松竹、若者や外国人ファン開拓

[有料会員限定]

松竹は、歌舞伎を仮想現実(VR)で上映する事業に乗り出す。2019年度から地方の劇場や海外向けにVR映像を提供する。伝統芸能である歌舞伎は松竹の売上高の3割を占めるが、主要顧客の年齢層が高く見られる場所も限られている。松竹はVRで臨場感のある映像を上映し、若年層や外国人などに歌舞伎ファンの裾野を広げる。漫才なども対象にする方針だ。

松竹子会社のミエクル(東京・中央)がVRを使った新事業を始める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン