2019年4月20日(土)

VRで歌舞伎身近に 松竹、若者や外国人ファン開拓

2018/12/26 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

松竹は、歌舞伎を仮想現実(VR)で上映する事業に乗り出す。2019年度から地方の劇場や海外向けにVR映像を提供する。伝統芸能である歌舞伎は松竹の売上高の3割を占めるが、主要顧客の年齢層が高く見られる場所も限られている。松竹はVRで臨場感のある映像を上映し、若年層や外国人などに歌舞伎ファンの裾野を広げる。漫才なども対象にする方針だ。

松竹子会社のミエクル(東京・中央)がVRを使った新事業を始める。…

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報