2019年7月24日(水)

揺れる市場で追加緩和論 過去は大幅株安・円高で政策修正

2018/12/27 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融市場で株価下落の動揺が冷めない中、日銀への追加緩和論が強まりつつある。大規模な緩和政策のさなか、株価が最大で約3千円安くなったタイミングや、リスク回避によってドル円相場が円高に転じた局面で、日銀が政策修正に動いたケースがあるためだ。市場では景気の腰折れを警戒しているが、日銀による追加緩和の手段は乏しい。

26日の東京市場で日経平均株価は前日より171円高い1万9327円だったが、取引時間中に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。