/

辺野古対立でも振興 官房長官、沖縄県知事に

菅義偉官房長官は26日、沖縄県の玉城デニー知事と首相官邸で会談した。米軍普天間基地(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県と対立していても沖縄振興に尽力する意向を伝えた。「協力できるところはしっかりやる」と述べた。移設問題は話題に上らなかった。会談後、玉城氏が記者団に明らかにした。

玉城氏は2019年度予算案への沖縄振興費計上に関し、菅氏に謝意を伝達した。18年度当初と同じ3010億円となった点について、記者団に「もう少し膨らみを持たせた計画としていたが、やむを得ない」と語った。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン