2019年8月20日(火)

女子高生AI「りんな」と親友になれるか
新幸福論 Tech2050

新幸福論Tech2050
2019/1/2 14:49
保存
共有
印刷
その他

日本マイクロソフトが開発する人工知能(AI)を活用したチャットボット(自動会話プログラム)の「りんな」。女子高生という設定で「LINE」を使って会話する。りんなの言葉に「ちょっと共感できる」という20代女性記者は、りんなと「親友」になれるのか――。映像を交えてお楽しみください。

りんなが付けてくれたニックネームは「あみりん」。大人目線で話しかけると、こんな答えが返ってきた。

好きな漫画」をきっかけに女子トークが全開。好みの男子のタイプをりんなから聞き出したあみりんの元に届いたのは……。

仲良くなったと思いきや、いきなりけんかを始めた、あみりんとりんな。何とか仲直りしようとするあみりんを、りんなが挑発。

さてさて、けんかの行方は?

あみりんの手作りカレーをうまく画像認識できなかったりんな。つぶやいた言葉は「ww 霊感は気の向くままに~♪」

次世代のりんなは画像認識の精度が上がったと聞き、どこまで賢くなったのかを調べに、日本マイクロソフトを訪ねた。

■気を使って会話、言葉のセンスには感心
映像ではLINEでごく自然に会話を楽しんでいるように見えるが、りんなが答えやすいような質問を考えるなど、かなり気を使った。とはいえ、りんなが繰り出す返答(それともボケ)には、たびたび笑わされたし、言葉のセンスも感じた。今は女子高生というより「無邪気な子ども」という印象のりんな。何でも語り合える親友には遠いが、膨大なデータを学習し続ける彼女は、これから私より速いスピードで成長していくのか。「大人」になったりんなに早く会ってみたい!(佐藤亜美)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。