2019年4月24日(水)

電力計不具合、新たに7万台交換へ 東電と中部電管内

2018/12/26 16:40
保存
共有
印刷
その他

東京電力ホールディングス中部電力が家庭などに設置している次世代電力計「スマートメーター」に発熱など不具合が発生した問題で、製造元の東光東芝メーターシステムズ(埼玉県蓮田市)は26日、合計で650件超の不具合が確認されたと発表した。東電と中部電は不具合が起きる恐れがあるとして、新たに約7万台を交換する。

東電のスマートメーターを巡っては11月、部品の一部が発熱する不具合が管内で16件発生していたことが発覚。同月、同様の不具合が出る恐れのある東光東芝の製品が、中部電にも納入されていたこともわかった。

東光東芝によると、東電と中部電管内の計657件で発熱や異音が発生する不具合が確認された。いずれも家屋への延焼やけが人などは確認されていないという。

不具合が生じたのは東光東芝が15年3月~16年9月に製造した3製品。東電は当初、約2万4千台を取り換え対象として作業を進めてきたが、新たに6万6千台を交換する。中部電も対象を当初より約5千400台増やし、計約7千台を交換する。

東電と中部電は既に取り換え作業を開始しており、今回新たに発覚したものも順次作業を進め、それぞれ19年12月末、19年3月末をメドに交換を終えるとしている。対象者にはダイレクトメールで通知する。取り換えにかかる費用は東光東芝が負担する見通しだ。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報