/

この記事は会員限定です

IWC脱退、1日遅れで公表 関係国説明を優先

[有料会員限定]

政府は国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を25日に閣議決定していたが、翌26日に公表した。IWC加盟国など関係国への事前説明を優先したためだ。閣議決定した案件はすみやかに公表するのが原則だが、例外的に一定期間伏せる場合がある。内閣官房によると「件名外案件」と呼ばれ、他国の手続きや発表にあわせる外交上の配慮によるものが多いという。

今回、IWC脱退の決定を1日遅れで公表したのも外交的な理由だと政府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン