2019年8月25日(日)

関電、原発運営に暗雲 中間貯蔵先 年内提示できず

2018/12/26 16:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力の使用済み核燃料の中間貯蔵施設の候補地選びが越年することになった。関電の岩根茂樹社長は26日、福井県を訪れて西川一誠知事に「知事、県民におわびする」と謝罪した。福井県内に3つの原発を持つ同社が候補地を県外で選び、年内に公表することは県との約束だった。地元の反発は避けられず、再稼働を含め原発の運営に暗雲が垂れ込めている。

福井県庁を訪れた岩根社長は「20年を念頭にできるだけ早く具体的な地点…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。