科学はどこへ行くのか 新たな「羅針盤」を探そう
科学記者の目 編集委員 滝順一

2018/12/31 6:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IT(情報技術)や生命科学の目を見張るような進歩とともに、社会や産業のありようを変えるイノベーションの波が世界を覆っている。科学技術の発展は問題解決をもたらす希望ではあるが、未来への不確実性をもたらす不安の種でもある。科学はどこに向かうのだろうか。

2018年に最も議論を呼んだ科学技術ニュースの一つが、出生前にゲノム編集によって遺伝子操作を受けたとされる双子の誕生だろう。11月28日、香港で開催…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]