/

この記事は会員限定です

中外薬、製薬の時価総額トップに 新薬期待大きく

[有料会員限定]

中外製薬の株式時価総額は9月に一時4兆円を突破し、武田薬品工業アステラス製薬を上回り国内製薬トップとなった。投資家が注目するのが血友病新薬の「ヘムライブラ」と充実したパイプライン(新薬候補)だ。 ヘムライブラは昨年11月に米国で製造販売承認を得たのに続き、今年に入り欧州と日本でも承認を受けた新薬だ。武田が買収するシャイアーの既存薬と比べ投与頻度が少なく患者負担が軽い。「2020年代に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン