/

自民捕鯨議連がIWC脱退を歓迎 「商業捕鯨の復活結実へ努力」

自民党の捕鯨議員連盟は26日昼、党本部で総会を開き、政府から国際捕鯨委員会(IWC)の脱退方針について説明を受けた。鈴木俊一会長は冒頭に「我々の今後の活動も意思統一し、商業捕鯨の復活に向けて結実できるよう努力したい」と語った。吉川貴盛農相は「商業捕鯨の再開でさらに地域が元気になっていく。全国の活性化につながっていく」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン