/

この記事は会員限定です

音読の効用 翻訳家 松岡和子

[有料会員限定]

シェイクスピア劇の翻訳をしている。今年で25年。最初期に訳した『夏の夜の夢』の稽古中、ある台詞について、「こんなこと普段言わないよな」との声。翻訳者はへこんだ。「そうよね、すみません」と心の中でシェイクスピアに代わってあやまっていた。

ところがある時、シェイクスピアが大好きだという役者友達が言った。「知ってるけど言ったことない言葉っていっぱいあるじゃない? シェイクスピアやると、そういう言葉を言え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン