/

「無実、法廷で明らかに」 ケリー役員のコメント全文

保釈された日産自動車の元代表取締役、グレッグ・ケリー被告(62)は25日、弁護人を通じてコメントを出した。全文は以下の通り。

 勾留先の東京拘置所から保釈された日産自動車の前代表取締役グレゴリー・ケリー被告(25日午後10時46分、東京・小菅)=共同

本日、私は、保釈によって外の世界に戻ることができました。思いもかけない容疑で逮捕されてから5週間が経過しましたが、この間、私は、病気のため苦しい拘置所生活を送ってきました。保釈後は、直ちに医師の診断を受け、治療、あるいは今年12月上旬に予定していた手術を受けたいと考えています。

そのような中、米国大使館をはじめ多数の人々から励ましをいただき、大変に感謝しています。中でも、妻と子どもたちの手紙や写真は、何ものにも代え難いものであり、私の気持ちを勇気づけてくれるとともに、家族の絆を再確認させてくれるものでした。みんな、ありがとう!

これから裁判が開始されると思いますが、私は、言われるような虚偽記載は一切やっていません。私が無実であることは、法廷の場で明らかにされていくでしょう。無罪の判決を受け、私の名誉が回復されて、一刻も早く家族のもとへ帰りたいと思っています。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン