2019年3月23日(土)

「ドコモ値下げ、放置できない」 KDDI社長一問一答
19年春以降の値下げを検討

ネット・IT
2018/12/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

KDDI(au)の高橋誠社長は25日の日本経済新聞のインタビューで、2019年春以降の携帯電話の通信料の引き下げを検討していることを明らかにした。米国と中国の摩擦が強まる中、次世代通信規格「5G」で華為技術(ファーウェイ)の通信設備を使わない方針も示した。主なやりとりは以下の通り。

【関連記事】KDDI、19年春に携帯の通信料引き下げ ドコモに追随

――NTTドコモの来春の値下げにどう対応しますか。

高橋誠KDDI社長

高橋誠KDDI社長

「ドコモが料金を下げてきたら放置はできない。競争には対応する必要がある。当社は民間企業なのでしっかりと持続的に利益を出して、それをお客様や社会に還元する。最初から減益ありきではなく、様々な工夫をして値下げすることが企業として正しい姿だ。政府に逆らうつもりはないが、端末の売り方などビジネスモデルは我々に任せてほしいという思いもある」

――これまで「値下げの宿題はクリアした」というスタンスでした。

「KDDIは…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報