/

この記事は会員限定です

伊東の地魚「フェス」で発信、ばかばかしさで盛り上げ

(現場発 地方創生)

[有料会員限定]

きっかけは駄じゃれだった。伊豆の地魚であるサバやアジの魅力を知ってもらうイベントを話し合うなかで、有名な野外音楽フェスティバルをもじった案が出てきた。それが2017年8月に静岡県伊東市で始まったサバーソニック&アジロックフェスティバルだ。

仕掛け人は同市で水産卸業を営む渡辺将さん(41)。同業者や地元の人脈を使い約20の店や地元バンドを集めた。会場は魚市場、ステージはトラックの荷台、告知は交流サ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン