朝日ラバー、多彩な光の色 ゴムで操る
(埼の強み)

2018/12/25 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

乗用車のメーター類や車載照明はよく見ると、多彩な光を放っていることに気付く。赤や青などの原色だけでなく、白に近い水色や暖かみのある淡いオレンジ――。朝日ラバー(さいたま市)は、こうした微妙な光の色をゴムの力で操る技術を磨いている。

粉末の蛍光体を配合したシリコーンゴム製のキャップを光源にかぶせると、光の色を調節できる。この発想で1976年、電球とキャップをセットにした製品「アサ・カラー」を開発。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]