2019年2月19日(火)

ソリマチ、中小経営者に資金繰りをアプリ通知

北関東・信越
2018/12/25 23:00
保存
共有
印刷
その他

業務用ソフトのソリマチ(東京・品川)は第四銀行などと連携し、資金繰りを中小企業の経営者に通知するサービスを始めた。銀行口座の預金残高などに基づいて人工知能(AI)で資金繰りの推移を予測し、資金ショートに陥りかねない状況をスマートフォン(スマホ)アプリで警告する。第四銀などは警告を通知された経営者の資金相談に迅速に対応する。

ソリマチが10月から提供を始めた資金繰りをサポートするアプリ「スマホ社長」に機能を追加した。第四銀のほか、三井住友銀行やジャパンネット銀行とも連携する。アプリを利用する企業経営者の会社が資金ショートに陥る可能性がある場合、アプリの画面上で警告を表示する。経営者はアプリで金融機関の融資申し込みサイトに画面を変更したり、電話で連絡したりできる仕組み。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報