/

この記事は会員限定です

PKO、国際貢献とリスク カンボジア派遣(平成4年)

平成Politcs30

[有料会員限定]

「高田が、死んだ…」。1993年5月4日、カンボジアの国連平和維持活動(PKO)で日本人文民警察隊の隊長だった警察官僚、山崎裕人氏の日記には、大きな字でこう書いてある。そして小さな字で「涙がとまらない」。カンボジア北西部に文民警察官として派遣された高田晴行警部補(当時33)が武装集団に襲撃され、亡くなった。

政府は92年、カンボジアに道路補修などを担う自衛隊と、カンボジア警察に助言する文民警察官を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン