いわきの20社、燃料電池車導入 バッテリーバレー推進

2018/12/25 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東洋システム、常磐共同ガスなど福島県いわき市の20社あまりの企業が連携し、次世代エコカーとされる燃料電池車を年度内をメドに導入する。いわき市の官民は蓄電池関連の企業集積を目指す「バッテリーバレー構想」を進めている。将来大きなバッテリーの需要を生むとみられる燃料電池車について地元が率先して普及を後押しする。

東洋システムは電池の試験装置の最大手。庄司秀樹社長は「いわきバッテリーバレー推進機構」の代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]