2019年2月18日(月)

金沢のベーカリーがAIレジ、人手不足に対応

北陸
2018/12/25 19:08
保存
共有
印刷
その他

金沢市に人工知能(AI)が商品を自動認識するレジを導入したベーカリーが誕生した。「石窯パン工房VIVIR(ヴィヴィア)金沢店」で、ダイヤモンド工具製造販売のヤマトマテリアル(富山県氷見市)が運営する。店員にかかる負担を減らすことで人手不足に対応する。

約100種類のパンをAIが認識する(金沢市)

同店は自家製のカレーパンや調理パン、塩パンなど約100種類のパンをそろえる。他社が開発したシステムを導入した。商品トレーをレジカウンターに置くと、カメラで撮影した画像をもとにAIがパンの種類や数を認識できる仕組みだ。

店員はカメラの撮影ボタンを押すほか、AIが商品を正しく認識しているかを確認するだけで良い。通常はレジ1台につき2人の従業員が対応していたが、会計業務が軽減されるため、1人で対応できるようになる。アルバイトが商品名や値段を覚えるなどの研修期間も短くなるとみる。

同社は業務多角化の一環で、昨年からベーカリーの出店を始めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報