/

この記事は会員限定です

投資家が迫る利他の心 マネーは責任を担えるか

モネータ 女神の警告 未来への問い(2)

[有料会員限定]

「実現に向けた意欲が感じられない」。英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルが5月に開いた株主総会。オランダ公務員総合年金基金(ABP)のコリエン・ウォートマン・クール会長は、2035年までに二酸化炭素(CO2)排出量を2割減らす目標の具体策がみえないと経営陣を非難した。

石油メジャーの一角であるシェルの売上高はオランダの国内総生産(GDP)の4割に相当する。運用資産4770億ドル(約53兆円)と欧州最大の年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1004文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン